人生を謳歌できるSoula(魂人)への道案内

人は地球で生まれ、人生を生きる中での豊かさを得ていきます。その豊かさに氣づく鍵が、Soula(魂人)であることを思い出すこと。本来持っているご自身の豊かさに氣づくこと。そのお手伝いをしています。

『異空間源語』の始まり。

 

 

私は『異空間源語』というものを

出します。

 

出し始めてから13年目。

 

きっかけは

宇宙語を話すという人のセッション。

 

当時の私は

 

「私には何かしなければ

 ならないことがある!」

 

根拠もなくそう思い込み

 

「何かしなければならないこと」

 

それが何であるのかを

早く知りたくて

探し続けていました。

 

宇宙語を話す人だったら

 

わかるはず!

教えてくれるはず!

 

そう思い込み

セッションをお願いしたんです。

 

セッションの時間となり

その人が現れた途端・・・

 

「あなた!

 宇宙語を話せるでしょ!?

 さあ!

 話して!

 口に出るものを出して!

 出てくるはず!」

 

立ったまま 言われ続け

恐れを感じた私は

無意識に心を閉じることに。

 

セッションの内容は忘れましたが

そのことだけは

今でも覚えています。

 

そうそう

 

結局

探していた「何か」は

わかりませんでしたし

 

その何かは

外に答えを求め続けても

わからないものであると

わかりました。

 

 

自分の内にその答えがあること

時間をかけてわかっていくもので

すぐにはわからないものでもあるとも。

 

 

家に帰ってから

晩御飯の支度をしている時に

子どもの頃に遊びでやっていた

デタラメ語を出してみよう♪と

遊び感覚で出したものは・・・

 

宇宙語と言われるものでした。

 

この体験が後に

私がセッションをすることに

とても役立つことになるとは

当時は思っていませんでした。

 

ただ・・・

 

宇宙語が話せるって

すごいなあ!

話せることで

すごい人になれるかもしれない!

 

当時

自己卑下と自己否定の塊の私は

そう思っていました。

 

宇宙語が話せるからすごい人と

いうわけではない。

人間性人間力がそこに繋がる。

 

後にわかっていくことになるのですが

そのことは機会があったら

書こうと思います。

 

・・・

 

12年の間に

 

宇宙だけでなはく

他の次元等の源語を

出していること

 

無理に訳す必要はなく

言葉ではなく

音として聴き受け取ったほうが

メッセージ全体を受け取りやすいこと

 

もろもろがわかってきました。

 

宇宙語という表現に違和感が出始め

なんだろうと思っていたら

友人が『異空間元語』『異次元語』

という提案をしてくれて

なるほど!と納得。

 

異なる空間や次元からのものだから

それだなと思ったんです。

 

『異次元語』が言いやすいと思い

しばらく使っていたのですが・・・

 

今朝、そのことについて書いていたら

『異空間源語』という言葉が浮かび

『源』の『語』ということが腑に落ちました。

 

これからは

 

『異空間源語』と表現していきます。

 

FBに投稿していたものを
こちらに書こうとしたら・・・

上記の流れになりました。

 

FBで投稿したものは
次にアップしますね。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103044j:plain