人生を謳歌するSoula(魂人)コアへの道案内

人は地球で生まれ、人生を生きる中での豊かさを得ていきます。その豊かさに氣づく鍵が、Soula(魂人)であることを思い出すこと。本来持っているご自身の豊かさに氣づくこと。そのお手伝いをしています。

本来の自分に

久々のブログですね(*^^*)

FBでは、毎日のように呟いているのですが

ブログとなると書く氣にならず

そのままにしていました。

 

今日は書き留めたいと思うものがあったので

こちらに書く事に。

 

今日の夕方

魂朋である滋賀の友人と

電話で近況を話している中で

魂朋である友人が

 

「『ほんぷく』の時期だね。」

 

と口に出したので

 

『ほんぷく』という言葉を検索してみたら

まさに、それだなあと納得。

 

コトバンクやgoo辞書では

 病気が全快すること。「治療のかいあって本復する」
 配流の地から自国に戻ること。また、前の地位財産を回すること。

 

とありました。

 

本来の自分に戻る時期。

 

生きていく中で

使ってはいけないものとして

判断(封印)していた本質のものを

思い出して使うことを認める時期。

 

魂の目的を思い出し生きるという意味も含め

そのような人を私は

『Soula』と表現することにしました。

 

『Soul』というところから『魂人』ということで『Soula』

 

なかなかあだ名がつかなかった私が

中学生時代につけてもらい

それが定着していったあだ名が『そうら』でした。

 

10年以上前に流行っていたMixiを始める時に

HNを何にするかを悩み

そういえば・・・と使ったものが『そうら』

 

ただ・・・

ひらがなでは格好がつかないなあと

『sora』としたのですが

月日が流れていく中でしっくりとこなくなり

『soula』にたどり着き

自分を認めていこうと決めてから

『Soula』とSを大文字に変えることに。

 

そこからのご縁は

今までにないものに繋がることとなり

なんだろうと思っていたら・・・

 

私自身が魂のことを思い出し

それを基盤として生きることを選んできていたと

自覚した時に

 

『Soula』とは私のことではなく

『魂を思い出し、それを基盤と認めて生きることをする人』=『魂人』

 

ということで

そういう生き方をする人を『魂人』=『Soula』だと

腑に落とす流れに。

 

『Soula』である人は

一般の人から理解され難いか

人との中で違和感を感じる等で

孤独を感じやすかったりするともわかり。

 

なぜそうであるかもわかり。

 

その人生を選んで生まれてくることで

体験をしていき得たいものがあったから

と腑に落とすことにもなりました。

 

なぜ?

どうして?

 

の人生から

自分の本質

本来持っている力(可能性)

それらを思い出し(還元)

生きる時期になったということで

先に書いた魂朋の言葉

 

『本復』

 

という言葉に繋がるのだと感じました。

 

魂朋は生まれてくる前の記憶を持っている『お腹の人』の絡みで

『本腹』と浮かんで言ったそうです。

 

『本来の自分に還って生きる』

 

その時期に確実に入っていると

実感できる出来事が

たくさん起こっています。

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103501j:plain