人生を謳歌できるSoula(魂人)への道案内

人は地球で生まれ、人生を生きる中での豊かさを得ていきます。その豊かさに氣づく鍵が、Soula(魂人)であることを思い出すこと。本来持っているご自身の豊かさに氣づくこと。そのお手伝いをしています。

15年の歳月からわかったこと

久しぶりのブログですね。

 

12月の新月の日に

とても楽しく素晴らしい伊野さんツアーをしたり

 

f:id:soulakumiko9333:20171228101626j:plain

 

 

 

翌日にも伊野さんで友人のタオライアーと
コラボをして遊んだり等々~

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228101804j:plain

 

 

FBではほぼ毎日投稿しても

 

ブログには書く氣にならず

そのまま放置していました(笑)

 

無理にでも書くということを

以前していたことがあるのですが

それも違うなあと思うようになり。

 

これをしなければならない!

 

というものを

たくさん手放してきた年月を

今朝、思い出していました。

 

36~37歳の頃から

 

『私には何かすることがある!

 しなければならないことがある!』

 

誰かに言われたわけでもないのに

そう思うようになり

それを探すようになりました。

 

『このままで人生を終えていいのか?』

 

そうも思っていた記憶があります。

 

早く『私がしなければならないこと』を

見つけ出して安心したい!

と焦って見つけようとしていましたが

ピン!とくるものはなく。

 

探し続けていた時に

ある人から

「あなたが決めたら、そのようになります。」

という言葉だけを受け取ることとなり

その後、5番目の妊娠がわかり産むと決めることに。

 

妊娠中は激動の日々が続き

出産をした後しばらくして

「そういえば・・・!」

と私がしなければならないことを

また探し出すことに。

 

探しても探しても

見つからないことで焦り

宇宙語を話す人だったら

わかるかもしれない!と

宇宙語を話す人のセッションを

受けてみたら・・・

 

開口一番に

 

『あなたは宇宙語を話せるでしょ!

 さあ、何でもいいから出してください!』

 

とセッションはそっちのけで

攻め立てられるように言われ続け

びっくりして貝が殻を閉じるように

身体と心が硬くなり

セッションで何を言われたのか

覚えていません。

 

家に帰り着いて

 

晩御飯の準備のために

包丁で材料を切りながら

宇宙語が話せるようになったら

すごいことだ!と思い
子どもの頃でたらめ語を出して

遊んでいた感覚で出してみたら

それが宇宙語でした。

 

その流れから

無理に相手から引き出そうとすると

防御反応が働いて返って引き出せなくなる

ということがわかりました。

 

そして

相手から宇宙語を引き出すことの

コツもわかり

後に人から宇宙語を引き出すことを

私自身がするということにも

繋がっていきました。

 

宇宙語という表現に違和感を

感じるようになり

話すという表現にも違和感を感じ

なんだろうと思っていたら・・・

 

音として感じながら受けとることが

ベストだということ

宇宙だけでなく多次元からの音もある

ということがわかり

『異空間言語』と今は表現しています。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103044j:plain

 

 

 

『異空間言語』を出し出して

12年の年月が経ちました。

 

それらを訳すことができる人もいますが

12年間出し続ける中で

訳さなくてもいいと思うようになり

音として感じ取ってもらうことで

言葉にならない多くのものを

受け取ることができるということも

わかってきました。

 

五感を使って受け取ってもらうことで

第六感の部分を思い出す流れにもなると

わかってきました。

 

12年前に比べて

『異空間言語』を受け取れる人が増え

『異空間言語』を出す人も増えました。

 

初めの頃は

宇宙語(異空間言語)を話せることはすごいことだ!

と思う仲間がいて

みなで集い楽しんでいましたが

話せることに価値が見出せず

話すことで拒否をされることもあり

宇宙語(異空間言語)といわれるものを

話す人は周りにいなくなりました。

 

以前話していた人から

「いい加減、やめたほうがいいよ。」

 

と助言されたこともあります。

 

それでも

なんだかわからないけれど

出し続けたほうがいい

出し続けなければならない

と感じてずっと出していました。

 

そのことで傷ついたり

悲しい思いもしましたが

やめることは違うと感じ

出し続けていました。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103136j:plain

 

 

 

そこから何が起こったか・・・

 

「どうせ、私なんて・・・」

 

という思い込みが私の奥底にあり

そこから物事を観ていたことに氣づき

 

外からもたらされる情報が真実だと

思い込んでいることにも氣づき

 

それらから解放されていく流れとなって

私は私の本質を思い出していったのです。

 

そして

 

私が何をしたくて生まれてきたのかを

思い出すことになりました。

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171128085137j:plain

 

 


私には大学教授の兄がいますが

その兄と幼い頃より比べ続けられ

両親に認められることもなく

強い孤独感を抱え続け

 

辛い悲しいと思い込んでいた人生を

私の魂が選んで生まれてきたことも

腑に落とすこととなり唖然とすることにも。

 

 

『私には何かしなければならないことがある。』

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103501j:plain

 

 

 

それは私の本質を思い出し

内側にあるものを思い出し

そこから生きることだったんです。

 

それがわかるまで

15年ほど掛かりました。

 

15年ほどかかりましたが

今の人たちはもっと早くわかる流れに

なっていると周りをみて感じます。

 

自分の内側を思い出すために

外に答えを求めてもわかりません。

 

自分自身のことは自分しかわからないから。

 

外はアドバイスやヒントは与えてくれます。

 

正解は、自分の内側しか知らないので

他人が正解を教えてくれることはありません。

 

本来の自分を思い出すことは

自分しかできないんです。

 

だから、まずは自分を感じてみること。

 

何を喜び

何を悲しみ

何を楽しみ

何を怒っているのか・・・

 

感情は、本来の自分を思い出すことに

たくさんヒントを与えてくれます。

 

自分がどうであるかを

感じることができるようになったら

内側から湧き出てくるものを

感じ取れるようになります。

 

そうなると

ご自身が何に豊かさを感じ

心からの喜びを感じるかが

わかるようになります。

 

他から与えられた豊かさの概念に

翻弄されていたことに

氣づくことにもなります。

 

氣づくことが

そこから解放されることに

繋がっていきます。

 

それは52歳になった

今の私が過去を振り返って

わかったことなのです。

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171113114421j:plain