自分の過去と比べてみる

こういうものがあったらいいな
 
そう思うことがあるけれど
私がそれを行動に起こすのは
違うなあと思うものがある。
 
あったらいいなと思うことを
実際に行動に移されている人を知ると
その行動力に素晴らしさを感じ
何かの形で応援することを選ぶ。
 
どうせ私なんか・・・
という思い込みが強かった時は
嫉妬や妬みにとらわれ
できない私を責めることを
やっていたなあ。
 
今は違う私がいる。
 
それは
 
できること
できないこと
 
やりたいこと
やりたくないこと
やらなければならないこと
 
それらを自覚して
整理していくなかで
変化してきたと思う。
 
できることはする。
 
できないことは
できる人に任せる。
 
やりたいことをする。
やりたいけれど
今は無理だと思ったら
今やれる範囲でする。
 
やりたくないことは
実はやりたくないことと
自覚できてなかったことに
氣づくことも大切。
 
生きていくうえで
やらなければならないことも
あるので
本当にそれは
やらなければならないのか
やらなくてもいいのかを
氣づくことも必要。
 
そんな風に思うようになったなあと
これを書いていて思うのです。
 
人任せにせず
できることはしないといけない!
 
そう思っていた昔。
 
あの頃の私に伝えたい。
 
全てを完璧にこなすことはできない。
 
できないことは人に任せていい。
 
できることであっても
その時の状態に合わせて
人に任せることを選んでもいい。
 
できないしない
そんな私があっていい。
 
最近の出来事
今日のFBでのやりとり
もろもろを思い出しながら
浮かんだことを書きました。

f:id:soulakumiko9333:20170531130917j:plain