地球での人生を謳歌

Soulaのブログへようこそ!5人の子ども達を産み育てる中でのこと・看護師をしていた時の出来事等を通して、魂が地球での人生そのものを謳歌するために生まれてきていること思い出しました。ブログでは、Soulaが日常生活の中で氣づいたこと感じたこと等を綴っています。

15年の歳月からわかったこと

久しぶりのブログですね。

 

12月の新月の日に

とても楽しく素晴らしい伊野さんツアーをしたり

 

f:id:soulakumiko9333:20171228101626j:plain

 

 

 

翌日にも伊野さんで友人のタオライアーと
コラボをして遊んだり等々~

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228101804j:plain

 

 

FBではほぼ毎日投稿しても

 

ブログには書く氣にならず

そのまま放置していました(笑)

 

無理にでも書くということを

以前していたことがあるのですが

それも違うなあと思うようになり。

 

これをしなければならない!

 

というものを

たくさん手放してきた年月を

今朝、思い出していました。

 

36~37歳の頃から

 

『私には何かすることがある!

 しなければならないことがある!』

 

誰かに言われたわけでもないのに

そう思うようになり

それを探すようになりました。

 

『このままで人生を終えていいのか?』

 

そうも思っていた記憶があります。

 

早く『私がしなければならないこと』を

見つけ出して安心したい!

と焦って見つけようとしていましたが

ピン!とくるものはなく。

 

探し続けていた時に

ある人から

「あなたが決めたら、そのようになります。」

という言葉だけを受け取ることとなり

その後、5番目の妊娠がわかり産むと決めることに。

 

妊娠中は激動の日々が続き

出産をした後しばらくして

「そういえば・・・!」

と私がしなければならないことを

また探し出すことに。

 

探しても探しても

見つからないことで焦り

宇宙語を話す人だったら

わかるかもしれない!と

宇宙語を話す人のセッションを

受けてみたら・・・

 

開口一番に

 

『あなたは宇宙語を話せるでしょ!

 さあ、何でもいいから出してください!』

 

とセッションはそっちのけで

攻め立てられるように言われ続け

びっくりして貝が殻を閉じるように

身体と心が硬くなり

セッションで何を言われたのか

覚えていません。

 

家に帰り着いて

 

晩御飯の準備のために

包丁で材料を切りながら

宇宙語が話せるようになったら

すごいことだ!と思い
子どもの頃でたらめ語を出して

遊んでいた感覚で出してみたら

それが宇宙語でした。

 

その流れから

無理に相手から引き出そうとすると

防御反応が働いて返って引き出せなくなる

ということがわかりました。

 

そして

相手から宇宙語を引き出すことの

コツもわかり

後に人から宇宙語を引き出すことを

私自身がするということにも

繋がっていきました。

 

宇宙語という表現に違和感を

感じるようになり

話すという表現にも違和感を感じ

なんだろうと思っていたら・・・

 

音として感じながら受けとることが

ベストだということ

宇宙だけでなく多次元からの音もある

ということがわかり

『異空間言語』と今は表現しています。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103044j:plain

 

 

 

『異空間言語』を出し出して

12年の年月が経ちました。

 

それらを訳すことができる人もいますが

12年間出し続ける中で

訳さなくてもいいと思うようになり

音として感じ取ってもらうことで

言葉にならない多くのものを

受け取ることができるということも

わかってきました。

 

五感を使って受け取ってもらうことで

第六感の部分を思い出す流れにもなると

わかってきました。

 

12年前に比べて

『異空間言語』を受け取れる人が増え

『異空間言語』を出す人も増えました。

 

初めの頃は

宇宙語(異空間言語)を話せることはすごいことだ!

と思う仲間がいて

みなで集い楽しんでいましたが

話せることに価値が見出せず

話すことで拒否をされることもあり

宇宙語(異空間言語)といわれるものを

話す人は周りにいなくなりました。

 

以前話していた人から

「いい加減、やめたほうがいいよ。」

 

と助言されたこともあります。

 

それでも

なんだかわからないけれど

出し続けたほうがいい

出し続けなければならない

と感じてずっと出していました。

 

そのことで傷ついたり

悲しい思いもしましたが

やめることは違うと感じ

出し続けていました。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103136j:plain

 

 

 

そこから何が起こったか・・・

 

「どうせ、私なんて・・・」

 

という思い込みが私の奥底にあり

そこから物事を観ていたことに氣づき

 

外からもたらされる情報が真実だと

思い込んでいることにも氣づき

 

それらから解放されていく流れとなって

私は私の本質を思い出していったのです。

 

そして

 

私が何をしたくて生まれてきたのかを

思い出すことになりました。

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171128085137j:plain

 

 


私には大学教授の兄がいますが

その兄と幼い頃より比べ続けられ

両親に認められることもなく

強い孤独感を抱え続け

 

辛い悲しいと思い込んでいた人生を

私の魂が選んで生まれてきたことも

腑に落とすこととなり唖然とすることにも。

 

 

『私には何かしなければならないことがある。』

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171228103501j:plain

 

 

 

それは私の本質を思い出し

内側にあるものを思い出し

そこから生きることだったんです。

 

それがわかるまで

15年ほど掛かりました。

 

15年ほどかかりましたが

今の人たちはもっと早くわかる流れに

なっていると周りをみて感じます。

 

自分の内側を思い出すために

外に答えを求めてもわかりません。

 

自分自身のことは自分しかわからないから。

 

外はアドバイスやヒントは与えてくれます。

 

正解は、自分の内側しか知らないので

他人が正解を教えてくれることはありません。

 

本来の自分を思い出すことは

自分しかできないんです。

 

だから、まずは自分を感じてみること。

 

何を喜び

何を悲しみ

何を楽しみ

何を怒っているのか・・・

 

感情は、本来の自分を思い出すことに

たくさんヒントを与えてくれます。

 

自分がどうであるかを

感じることができるようになったら

内側から湧き出てくるものを

感じ取れるようになります。

 

そうなると

ご自身が何に豊かさを感じ

心からの喜びを感じるかが

わかるようになります。

 

他から与えられた豊かさの概念に

翻弄されていたことに

氣づくことにもなります。

 

氣づくことが

そこから解放されることに

繋がっていきます。

 

それは52歳になった

今の私が過去を振り返って

わかったことなのです。

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171113114421j:plain

内側を満たしていくと変化が早い

新月の日にイベントをすると決めて
イベントを立てていたら
 
今日、2人の友人がFBで
素敵に紹介してくださいました。
 
そのことがとても嬉しくて
ジワジワとこみ上げてくるものがあり
心がジワ~と喜びで満たされていきました。
 
私のやっていることは
表現にしずらくて
なかなか言葉にできない
説明できない・・・
 
とジレンマを感じる時期が
長かったんです。
 
そのジレンマから
わかってもらえない!
認めてもらえない!
 
とくやしく思ったり
人のちょっとした反応や言葉から
すごく喜んでみたり。
 
感情のジェットコースターにのっていたなあ。
 
感情のジェットコースターを
味わっていた頃は
このジワジワと溢れるものを
感じ取ることはできなかったなあ。
 
嬉しい!
楽しい!
腹が立つ!
もう!
悲しい!
寂しい!
 
いっぱいいっぱい
感じてきたけれど
腹立ちや悲しさ寂しさ等を
感じきるまでに至ってなかった。
 
全部相手のせいにしていた時もあった。
全部自分のせいにして
それがきつくて認め感じたくないと
逃げていた時もあった。
 
きつ過ぎて・・・
魂が身体に留まりきれなくて
宙に浮いている状態の時もあった。
 
その状態の時は
感情を感じないようにしていたり
自分を大切にすることなんて
置き去りにしていた。
 
そうなると
自分にとっての幸せが
なんであるかなんて
わからなくなる。
 
そこに氣づいて
 
少しずつ
少しずつ・・・
 
感じるものを丁寧に受け取って感じて
私を大切にしようとやっていった。
 
すごいことに
身体は各部位で感情等からの
痛みを記憶していて
痛みを感じた出来事に類似したものがあると
その記憶を瞬時に思い起こして
過去の記憶につなげていることがわかった。
 
痛みを丁寧に感じていると
左下腹部あたりに痛みを感じたり
鳩尾辺りから痛みを感じたり
胸からの時もある。
 
全部が同じところからではなく
違っているというところが面白い。
 
あ、今回は胸だ・・・
あ、今回は左下腹部からだ
 
等々を感じると同時に
それが外からの刷り込みのものであるか
私自身からのものであるかを整理したり。
 
家系からのものや
親が体験してきたものからのもの
報道等を通した情報からのもの
集団意識体からのもの
 
もろもろが作用していることもわかった。
 
それは、人から教えてもらったものではなく
また、いっぺんにわかったものでもなく
 
やっていくうちに
ああ、これは・・・
とわかっていったもの。
 
だから信憑性がないと
疑いもした。
 
疑いもしたけれど
私の内からわかっていったものだと
徐々に受け入れる流れに。
 
徐々に徐々にと
時間をかけてしていく内に
ジワジワと湧き上がるような
こみ上げるような感覚に
氣づくようになりました。
 

f:id:soulakumiko9333:20171107040054j:plain

 
ジワジワとした感覚は
私の内側を満たしていき
内側が安定していきました。
 
感情から感じるものを
認めないように感じないように
していた時の感情の起伏は
とても激しかったのですが
 
内側が満たされていく中で
その起伏の激しさは減っていき
徐々に穏やかになっていきました。
 
それに伴って
 
以前、現実化してほしい!と
切に願い望んでいたものが
いつの間にか
ふっふと現実化していくことを
体験するように。
 
人を変えようとしても
現実は変わらないけれど
自分を変えていくと
現実が変わっていくことを
実体験しています。
 

f:id:soulakumiko9333:20171124091723j:plain

今年最後の新月の日にこちらのイベントをします。

伊野さんは、生まれてくる前の記憶(感覚)を
思い出すサポートエネルギーに満ちている場。

その場で
異空間言語と音霊は魂と本質にアプローチし
ご自身の可能性を体で感じていただくことで
これからの人生を輝かせることに繋げます。

内側にあるものを思い出すことで
ご自身の可能性が広がります。

www.facebook.com

 

 

がんばってもいい がんばらなくてもいい

がんばってもいい。
がんばらなくてもいい。


がんばり過ぎて
身体と心が張り詰めていることに
氣づいたら・・・

 

そのことを認めて
休むことを選んだらいい。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171107031318j:plain

 

 

 

休んだとしても

それまでがんばってきたことは

無駄にはならないから大丈夫。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171107035607j:plain

 



がんばり過ぎた状態に氣づけば


そこから長年使っていた
がんばるという癖を
切り替えていくことができる。

 

心と身体に優しくなっていき

自分に優しくなっていく。


自分にとって

ほどいいがんばり方に
氣づくことができる。


がんばり過ぎたから
もうがんばらない!と
決めることができる。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171107035833j:plain

 

 

 


もうがんばらないと
決めても
長年かけてつけた癖は
ちょこちょこと顔を出すから
その時にまた切り替えればいい。

 


すぐに変えようとしても
すぐには変えられないものもある。


すぐに変えてしまいたい!
と願っても
すぐには変えられないものもある。


すぐに変えられないことが
いけないことでもない。


変えることを意識するよりも
変わっていく流れを味わうことを
していくとね、いいと思うよ。

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171030143909j:plain

 

 

さあ、次は第三章

 

 

『 さあ、次は第三章 』


とメッセージを受け取って

頭では何のことかわからずに

いましたが・・・

 

言葉にはならないけれど

何となく、これだろうなあと

感じるものがありました。

 

10年来の友人と話していて

私がFB投稿した『 第三章 』

という言葉にしっくりときた

と話してくれたことから

『 第三章 』で感じたことを

言語化する流れに。

 

『 第一章 』・・・生まれてどっぷりと人として生き様々なことを体験していく。

 

『 第二章 』・・・「私には何かすることがある」と訳も無く思うようになり

        そこから自分探しの旅が始まり、様々な経験を通して
        『私』という存在を思い出していく。自分軸を思い出していく。

 

『 第三章 』・・・『私』という存在を思い出し自分軸を思い出し
         自らの可能性を活用しつつ人として生きる。

 

さっと書いてみると

こんな感じのようです。

 

友人も友人の『 第三章 』に入った模様。

 

またこれから

それぞれの人生を歩みながら

お互いに必要な時に逢うのでしょう。

 

出逢ってからのことを

思い出しつつ思うのでした。

 

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171124091723j:plain

お腹の人から久々にはっきりと伝えられたのは・・・

 

 

もう何年になるでしょうか。

ネットでほぼ毎日

マハボテカードというものを引いています。

 

一日一枚しか引けないようになっていて

ここですか!?と感じるものが出てくる。

 

FBでアップしているので

カードの人ですか?

といわれたこともあります。

 

引いたカードをアップしたかったから

アップているだけなんですけれど

毎日アップしているので

カードの人と思われるようです。

 

 

そんな今日のマハボテカードは

 

 

Serenity ― 平穏

忙しい毎日で失ってしまった平穏を、もう一度自分の中に取り戻す必要があります。
心が安心して落ち着けるスペースを見つけ、静かに自分と向き合ってください。
それによって、本来持ち備えている素晴らしい資質にあなたは気づくことができます。
安らぎの中で、想いを整理しながら自分を愛することについて考えてみましょう。

 

 

 

 

最近、内側の切り替えの影響で
心や感じるところが忙しかったよう。
 
 
そういう時は
内に篭りやすく
迷子になったような感覚に陥りがち。
 
 
昔はそこに陥って
どっぷりとはまり込み
 
 
世の中に置いていかれたらどうしよう!
どうせ私なんてこんなことしか起こらないんだ!
 
 
と落ち込んでいました。
 
 
それは
『どうせ私は認められない。』
『どうせ私は嫌われる。』
『どうせ私は一人ぼっちだ。』
 
  
と無意識に思いこんでいる私に
アンテナを向けていたことに
無意識・無自覚で繋がっていたから。
 
 
究極
こんな私だから
幸せになるはずがない
と無意識・無自覚でなっていました。
 
 
だから
人から好かれても
人から認められても
 
 
いえいえ私なんて
と跳ね返していた。
 
 
それが当たり前過ぎて
氣がつかずに何十年も
やっていたことに氣づき
 
 
長年使い慣れた
どうせ私は・・・の
意識に向そうになるアンテナを
新たな方向へ切り替えることを繰り返し
私の内に新たな意識をつくっていく
そんな作業をしてきました。
 
 
今朝
「お前はどうしたい。」
 
 
と久々にお腹の人から一言。
 
 
お腹の人は
生まれる前の記憶をもった
私の意識体であり私自身です。
 
 
ちなみに
みなさんにもお腹の人はいます。
 
 
お腹の人の存在に氣づくことで
お腹の人がはっきりとした言葉で
アドバイスをしてくれることも
あるんですが・・・
 
 
私のお腹の人は
こんなにはっきりとした言葉で
伝えてくるこてとはありません。
 
 
昨日浮かんだ
『次は第三章だ』
という言葉向けての投げかけで
『お前がどうしたいかだ』
 と伝えてくれたと思います。
 
 
今日引いたマハボテカードにある 
 
 
想いを整理
自分を愛すること
 
 
長年使い慣れた意識に
アンテナをむけると
いつもと同じ現象を引き寄せ
「いつもと変わらない」
無意識・無自覚で
自分に言い聞かせることになります。
 
 
混沌とした中に
過去の様々な想いと感情が
ごっちゃになっていることも氣づかずに。
 
 
当たり前過ぎて
意識をすることもないので
氣づきにくく自覚できない。
 
 
そこに氣づくように
お腹の意識体が引き寄せるものは
自覚できる状態であることは
案外きついものが多い。
 
 
それは昔封印して見ないように
感じないようにしてきたものと
再び向き合うことになるので
過去のきつかった記憶や感情を
思い出すことになるから。
 
 
ドラマの再放送のように
きつかった記憶や感情が再現される。
 
 
もう癒されたクリアできたと
思っていた状態も出てくる。
 
 
私・・・まだまだできてないんだと
できないループにはまったり。
 
 
いえいえ、そうじゃないんです。
 
 
 

f:id:soulakumiko9333:20171107164905j:plain

 
 
それは
次に進むことの準備が
できたから起こること。
 
 
ステップアップしたことで
さらに深いものをクリアにするために
起こっているもの。
 
 
内容が似ているから
またやってしまっている
と思っているだけ。
 
 
内容は全く同じですか。
 
 
今のあなたの状態は
以前と全く同じですか。
 
 
同じと思い込んでいませんか。
 
 
そういえば・・・
これを書きながらそんなことを
ご縁がある人に伝えることが
増えてきたことを自覚(笑)
 
 
これを書く事で
整理ができてきました。
 
 
書く事で自覚したり
思いを整理することに繋がる。
 
それと同じように
 
 
人と話すことで
自覚したり
思いを整理することに
繋がったりもします。
 
 
ここに至るまで
数々の人の地雷を踏んで
いっぱい失敗もしてきたことを
 
 
先日博多にて
潜在数秘術講師をされている
みねした三保さんことみほりんと
お茶をしながら話してきました(*^^*)
 
 
そこで『地雷踏み子』のお茶会を
企画することに。
 
 
私の地雷踏みは
ご縁の繋がった人のお腹の人を感じ取り
そこから動いていたので
その人が蓋をして
見ないようにしてきたものを
出すように動くことが多かったです。
 
 

www.facebook.com

 

 

天神某所で12/18(月)に開催予定しています。

 

お腹の人が氣になる人には

あなたのお腹の人からのメッセージを

お伝えします。

 

 

新年を迎える前に

蓋をはずして

新たなスタートを切る流れに

乗りませんか。

 

 

f:id:soulakumiko9333:20171113114421j:plain

 

 

11/28 今日のKOTOBA

 

今日のKOTOBAは

 

『お前がどうしたいかだ。』

 

  

 

      f:id:soulakumiko9333:20171128085137j:plain

 

 

 

 

今朝久々にお腹の奥から

 

 

『お前がどうしたいかだ。』

 

 

と伝えられました。

 

 

お腹の奥には

生まれてくる前の記憶を持った

もう一人の私が在り

何かの時にはアドバイス的なものを

もらうことがあります。

 

言葉としてのアドバイス

もたらされることはほとんどなく

いつもは感覚で伝えてくるのですが

その感覚さえもよっぽどのことがない限り

ありません。

 

生まれてくる前に決めてきたことを

忘れていたほうがいい状態もあります。

人として生きることを

優先させることで得るものがあるんです。

 

今朝は珍しくはっきりとした言葉でした。

第三章に入ったからでしょうか。

 

 

これからますます

人生を謳歌していくことに

なっていくようです。

 

    soulakumiko9333.hatenablog.com

 

 

 

第三章に入るらしい

5人の子どもがいることに

驚かれることが多いのだけれど

私も5人を産み育てることに

なるとは思ってもいなかった。

 

結婚した当初だんなさんと
子どもは3人だと決めていたので

3人目を産んだ時は

30代に入る前にギリギリで産めた!と

喜んでいた。

 

まさか40代に入る前にギリギリで

五番目を産むことになるとは。。。

 

一人ずつ子どもが増えていったので

産む一年前後は大変であったけれど

それ以外の生活においては

徐々に鍛えられていき

 

大変でしょ?

ようがんばってるね!

 

等言われても

 

何で???

みんなやろうと思えば

できると思うし。

 

と思っていた。

 

そうあることが

当たり前になっているので

私ができているんだから

みんなできる!

 

と思っていた。

 

最近・・・

『あなたみたいに
 何があってもドンと構えている

 お母さんになりたい。』

 

といわれることを言われ

嬉しい氣持ちはありつつも

 

え?

私、どんと構えてないしー!

母親としてはどうなんだ状態だしー!

 

と戸惑った。

 

ようよう振り返ってみたら・・・

 

・5人育てる中でのママ友等との出来事
 特に小学校での社会体育

・看護師として仕事をしていた中での出来事
 夜間の診療外来

 デイサービス

・長女次女に対するいじめ

 所属していたジュニアバレー等が発端

・4人の子どもたちの登校拒否

 次女・小学2年中学1年

 長男・中学1年高校2~3年

 次男・高校1年

 三男・幼稚園小学1~4年

 

その他もろもろに付随しての体験を

いっぱいさせてもらったから

そう見えるのかと納得。

 

もしかして

異空間言語(宇宙語)・音霊を出すこと

自分の弱さダメさと思い込んだものを

徐々に認めていっているところもあるのかもしれない。

 

そういえば・・・

10年ほど前に子どもたちの前で

結婚してから一回もしたことのない

取っ組み合いの夫婦けんかをして

その後にも三回ほどしたことで

だんなさんとの信頼関係が

培われたこともあるのかも。

 

 

経験が今の私に繋がっている。

 

若い人の行動力が

羨ましいと思う時もあるけれど

若い頃に戻ってやり直したいとは思わない。

 

今までの経験が

私の豊かさであると感じているから。

 

今朝洗濯物を干していたら

 

「さあ!次は第三章だ。」

 

といわれた氣がした。

 

どこまでが第一章~第二章であるのか

わからないんですが・・・

また何か変化していくらしいです。

 

f:id:soulakumiko9333:20171127102623j:plain